北軽井沢 虹の街 爽やかな風

「最後は緑豊かな自然の中で心豊かに暮らしたい」という妻に従う形で移住生活を始めた場所は、活火山浅間山北麓に位置する標高1100mを超える厳寒の地。 北軽井沢スウィートグラスというキャンプ場で働きながら最後の人生を謳歌している。一人の老人が経験する出来事をそのまま書き記していきたい。

2020年11月

IMG_3729

IMG_3730

IMG_3732

IMG_3737

IMG_3739

IMG_3738

IMG_3741

IMG_3743

IMG_3746

IMG_3750

本日は臨時休日。まあ、貧乏性だから仕方ないが、5円安くなるクーポン券を持っていつも行くガソリンスタンドへ灯油を買いに行った。ここで3回洗車すると500円引きとなるが、それをクリアしたので洗車もやった。灯油の5円引きは計算すると36㍑で180円だ。追分まで行くガソリン代はいくらかかるか?計算すると往復で570円くらいになる。何かことのついでに行かなくては、採算が取れない(笑)

 

風景は晩秋から初冬へと移っている。浅間山の雪は、南斜面にも会った。

道路わきの木々は、ついにすべての葉を落とし、寂しそうな姿になっている。

しかし、これは生き抜くための手段、また春には美しい緑の衣装を着ることになるのだ。

浅間山の火口からはもくもくと水蒸気があがっていた。

つつじの湯からの帰路、東の空にくっきりと満月が見えた。

月の光は意外と明るい。周りの山々の稜線がくっきりと見える。

 

孫が5歳になり、七五三の写真が送られてきた。


IMG_3721

IMG_3722

IMG_3723

IMG_3725

IMG_3726

IMG_3727

IMG_3728

いつだったかもう記憶は定かではないが、ガイド仲間から連絡があり、言われるままに事務所へ行った。観音堂の階段のところで言われるままの振り付けで踊った?

私の振り付けは階段の一番上で両手を頭において「アサマ」、その手を大きく上にあげて、

「フンカ」を繰り返すだけの踊り?

この時は何のことかさっぱりわからなかったが、「嬬恋晴レルヤ ダンスムービー」の一こまだったらしい。ユーチューブで見られるが、私が写っているのは2秒間くらい(笑)

https://youtu.be/Uj3AKzfThKQ

 

北軽井沢スウィートグラスでは、グリーンスタイルの営業は今日で終わり、3日間の休業となる。その間に12月4日から始まるホワイトシーズンの準備に取り掛かる。

各施設にクリスマスリースを飾ったり、正面入り口の看板にクリスマス飾りをするのは、私たち清掃班の仕事。コロナの影響で休んでいた浅間ヒュッテもオープンするようだ。

私は、明日は「いたわり休日」で臨時休業(笑)

天気は朝から晴れて雪を冠った浅間山が見られた。

昨日は国道146号の峰の茶屋付近で車3台のからむ大きな事故があったらしい。

寒くなると道路が凍結する部分があり、カーブでブレーキを踏むとたちまちスリップする。怖さを知らない都会の人たちは、スピードを出して平気で走っているので、巻き添えに会うと大変だ。要注意の時期が来たようだ。

 

 

 



IMG_3706

IMG_3707

IMG_3708

IMG_3709

IMG_3710

IMG_3711

IMG_3712

IMG_3713

IMG_3715

IMG_3717

IMG_3719

連休後の出勤、今日もワクワクしながら出勤した。

牧草地の上を飛ぶ鳥は鷹?それともトビ?きっとネズミでも狙っているのだろう。

そして、その時には浅間山は雲に覆われていた。

 

最近、スウィートグラスに「つまごいワゴン」が来るようになった。

今月は今日が最後だというので、休憩時間に寄ってみた。

先日、家人に話すと「キャベツメンチ」が食べてみたいと言った。

若い二人で営業しているが、今年の4月東京から移住してきて、鎌原の鬼の泉水に住んでいるらしい。話してみるとなかなか好青年。この仕事がうまく成功するよう願っている。来月12月は毎週日曜日にやって来るという。

繁盛するように応援したくなった。

「沢田研二、知ってる?」

「知っています、あれ?もう亡くなった?違った、死んだのは野口五郎?」

「何言ってんだい、二人ともまだ生きてるよ」

いつもいろんな人に同じ質問をするのだが、沢田研二は意外と若く見られているようだ。

私の名前にサンズイを入れるとサワダケンジとなるので、この話題を出すが、誰も沢田研二の歳を当てる人はいない(笑)

 

午後からいつの間にか雲が切れて浅間山が見えた。この冬最高の雪が降ったようだ。

かなり裾野近くまで雪が確認できた。

今日は今年最高の寒さだったが、明日からはますます気温が下がるという。

いよいよ本格的な冬到来である。

退勤時、浅間隠し連峰の上にぽっかりと月が見えた。

今日もまた有意義な一日となり、細胞が喜んでいるのがよくわかる(笑)

 

 

 


IMG_3695

IMG_3697

IMG_3698

IMG_3699

IMG_3701

IMG_3693

IMG_3691

IMG_3694

午前中は買い物、それからランチシェフ、その後ウオーキング、そして温泉。

休日でもじっとしていない。けっしてせっかちなわけではない(笑)

まあ、じっとしていられない性格かもしれないが、うだうだしているのはもったいないという考えだ。時は動いている、たまにはいいが、何もしていないのはもったいないではないか。

 

プリンスランドの中はすっかり木々の葉が落ちた。

歩いていると、管理事務所の近くで「エビフライ」を多数発見した。

エビフライとは、リスの食べかす。松ぼっくりをきれいに食べた後は、あたかもエビフライのようになる。この森の中には確かにリスがいるという証明だ。

レイクプリンスでは、たくさんの水鳥たちが戯れていた。

落ち葉の上を歩くのは気持ちいい。莫大な量の落ち葉たちは、森の中で眠り自然の肥料となる。カラマツの葉は厄介だけど、黄葉して黄金色の美しい姿を見せてくれた。

誰一人人の姿はなく、3蜜など無縁の言葉。マスクの必要さえない、これぞ究極の散歩に違いない。

 


IMG_3640

IMG_3684

IMG_3685

IMG_3648

IMG_3644

IMG_3666

IMG_3650

IMG_3671

IMG_3669

IMG_3659

IMG_3658

IMG_3671

浅間北麓ジオパーク、ガイド研修会に出席した。

今日は鬼押し出し園。天気も良く、遠く北アルプスも見えた。

ジョンレノンが来場した時の写真があり、ちゃっかり同じ場所で写真に納まったり、この園の歴史が70年もあることや、溶岩や浅間山、ここにある東叡山寛永寺別院の話など、興味深いことをたくさん学んだ。

ここは自分の住む場所から一番近く毎週買い物でこの前を通っているが、訪れるのは二度目だ。家人はまだ一度も来ていない。

鬼押し出し園は、コロナの影響などもあって、今年の冬季営業はなく12月1日より来春までしばらくお休みとなる。冬の鬼押し出し園は、きっと素晴らしいに違いないが残念だ。どこの場所でどのようなガイドが出来るかを学んだが、溶岩の奇岩がそこいら中にあるとてつもない場所で、初めての人はきっと驚くだろう。

何とも素晴らしい所に住んだものだ、と最近つくづく思うのである。

 

この近くにある浅間園から浅間山へ登り、ぐるっと一周する「スカイロックトレイル」というのがあるが、来春からはジオガイドがガイドをすることになった。

ぜひ自分もやりたいと希望したが、どうも年齢がネックになっているようだ。

ここでも年齢の壁に阻まれそうな雰囲気だ。まあ、考えてみればこの歳で山に挑むのは、あまり歓迎されないのが当たり前かもしれない・・・・

 


↑このページのトップヘ