イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

今日は週一の買い物日。この日のために家人は連日悪戦苦闘しているらしい(笑)

予報は雨だったが出かけるときはまだ降っていなかった。曇り空、今にも降りそうな天気の中、やたらとパトカーや白バイが多い。中軽井沢の信号あたりにはたくさんの警官がいる。私はすぐにピンときた。今日は静養先の草津から上皇様が帰られる日だった。

 

いつも通られる道はわかっていた。帰路、たぶん11時頃に違いないと思い、車を走らせる。いつも立ち寄る郵便局をパスしていつもよりアクセルを強く踏み急いだ。

もしかすると、峰の茶屋から有料道路には入れないかもしれない。その時は峰の茶屋で待つしかない。しかし、有料道路は閉鎖されていなかった。料金所では6台くらいの白バイが待機していたが普通に通過できた。料金所のオジサンに聞くと六里ヶ原でお迎えできるという。もうすでに前方から来る車はいない。急いで六里ヶ原の駐車場に滑り込んだ。

間一髪、あと5分で来られるという。奇跡のような遭遇であった。

日の丸を受け取って最前列に出る。8年前草津で野菜売りをしたときは、黒塗りのセダンだったと記憶しているが、今日はマイクロバスの中央付近の窓を開けて皇后様はにこやかに手を振られた。その後ろには立ったまま手を振っていらっしゃる上皇様の姿があった。

マイクロバスはスピードを落としてゆっくりと走り去っていった。

一瞬の出来事だったが、爺はなぜか熱くこみ上げるものがあった。

上皇様は私と10歳違い。もしも一人なら両手をあげて万歳をしていただろう(笑)

家に帰り着く寸前にいきなり強い雨が降り始めた。何もかもラッキーな一日だった。